DVD収録のフィルムトラック
昨日amazonで"The Grey Man"のビデオが公開になりました。
このビデオはスペシャルエディションのDVDにもフィルムトラックとして収録予定。この曲が今回のアルバムのシングル曲(アルバム代表曲として扱われる曲)で、プロモーション用のミュージックビデオとしてもこのビデオが使われる予定。
Aaronはオフィシャルのフォーラムで、フィルムトラックについて「通常は大金をかけてシングル曲用の立派なビデオをひとつ作ってヒットを狙うけれど、自分たちはビデオであまりそういう効果を得られるバンドではない。だから、1つのビデオにお金をかけるのではなく、その分で11曲分のビデオを作ってDVDに入れる事にした」というような書き込みをしています。
この"The Grey Man"のビデオのディレクターは"Pin Your Wings"のビデオも手掛けたAndrew Bowserで、11曲分のフィルムトラックの中ではこのビデオを含む2曲分を手掛けています。フィルムトラックは、このビデオのようなショートムービー的なものもあればバンドが出演しているものもあり、でもどれも所謂ミュージックビデオとは違っていると思う、とのこと。見ごたえのある内容になりそうです。




ちなみに、この"The Grey Man"ですが、この曲は「好きになってはいけない人に恋してしまう事」について歌っているんだそう。「彼」はたびたび「彼女」の人生に現れ(ビデオの中で「彼」の服装が毎回違っているのは時間の経過を表している)、過去にも裏切られているにも関わらず「彼女」は結局また「彼」を信じてしまい、そして裏切られて傷つくという同じ事を繰り返してしまう・・・という意味なんだそうです。
[PR]
by copeland_jpn | 2008-10-02 11:43 | ■news
<< 新曲"Good Mo... ”The Grey Man”の... >>
AX